Lay-Far - "How I Communicate"【CD】

「ロシアの新鋭Lay-Farが放つ、次世代スタンダードのクロスオーバーミュージック!」

ヨーロッパのハウス/クロスオーバーシーンを牽引する1人として活躍しているモスクワ出身のDJ/プロデューサー、Lay-Far。ハウスから、ディスコ、ファンク、ブロークンビーツまでジ縦横無尽にジャンルを行き来する彼の音楽は、Jimpster、Laurent Garnier、Gilles Peterson、Osunlade、Joey Negro、Atjazzなど、多くの偉大な先人達からもサポートを受け、ここ日本でもDJ KAWASAKIがPaul RandolphそしてMakotoと共作した「Where Would We Be」のリミックスや、Kuniyuki、DJ Nature、Vakulaなども参加する日本発のレーベル「Soundofspeed」からも過去にEPを2枚リリースしている。

そして、2013年にリリースした1stアルバム「So Many Ways」から3年を経た今年、新たにAshley BeedleやMark De Clive-Lowe、Sean McCabeなどのレジェンド達を招き、「Commnication」をテーマに、スウェーデンの新興ハウスレーベル"Local Talk"を経由して、日本限定発売ののスペシャルCDアルバム「How I Communicate」をリリース。

より一層成熟した楽曲性の高いトラックを数多く収録し、リード曲の「Like The First Time」はGilles PetersonのBBC Radio1にて紹介される等、すでにヨーロッパのメディアでも高い評価を得ているLay-Farの新作!ハウス・ファンはもちろん、エレクトリック、テクノ系までが注目するロシアの気鋭によるニュー・ボム!

ドライブに、休日に、気持ちを上げたい朝に、どんなシーンにも合う、間違いない一枚です。


< TRACK LIST >
ERKCD002 -「How I Communicate」
1. Intro
2. Like The First Time Feat. Magic Number
3. Dva Kolca Dva Konca Interlude
4. Lock and Rock
5. Slope (Upbeat) Feat. Ashley Beedle and Darren Morris
6. Jump Higher Feat. Mark De Clive-Lowe
7. Draw Your Bow VS. Restless Soul Fun Band & Shea Soul
8. It's Spiritual Interlude
9. Side 2 Side (I Just)
10. Submerging
11. 4/4 Interlude
12. Mystical Rhythms / Kaleidoscope Represent Feat. Sean McCabe
13. Another Way (The Siren Song)
14. Drop The Time Feat. Ann Weller
15. One more interlude
16. Rising / In Between Concepts
17. Outro
18. Sun [Exclusive track for Japan only]


"Quality house music is never betray!!"

EUREKA!:https://www.facebook.com/HOUSEofEUREKA
Lay-Far:https://soundcloud.com/lay-far

※CDリリースは日本のみとなっております

¥ 2,300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料216円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。